新連載「笑わない佐伯の歴史」

佐伯の歴史?なんとなく知っている、そんな人が多いのではないかと思います。いま自分が立っている場所も、いつも見ている山や海も、実は歴史の大切な舞台。何をいまさらといわずに、もう一度佐伯の歴史をおさらいしてみましょう。そこには思いがけない再発見や終わりのない物語があります。「笑わない佐伯の歴史」を連載します。

南海部に天空路を拓く会
 

 佐伯地方は山が蝟集している。山は海に達しリアス式海岸を造形する。人々はその山間や入江に隔絶されて生きて来た。自ずと外界とは峠越えするか尾根道を辿り行き来するしかなかった。今はその殆どが利用される事なく元の自然に戻りつつある。天空路を拓くとはかつての祖先達のその生活の道を辿ることでもある。それは必ずやふるさとの豊かな自然を再発見し、そこに息づく歴史や文化を発掘し継承する道に繋がるはずである。そうであらねばならない。


南海部に天空路を拓く会」とは

 佐伯地方に周回遊歩道を整備し、山と渓谷と海の多様な自然環境の保護意識を高め、また、そこに遊び楽しむことを通じて人々に心身の健全な発達や回復の機会を提供し、加え、街や里山に息づく歴史文化や民俗を学び、あるいは発掘し、その継承を目指すことで、地域の豊かな未来の実現に貢献することを目的とする会である。

 これに賛同する会員の参加と活動資金の目処がつくことを条件に正式な会の発足を目指している。今は未だ有志(発起人)による夢語りの段階に過ぎない。広く意見を募り具体的な活動に繋げる為にこれを公開することにした。是非とも多様なご意見を寄せて頂ければ幸いである。地域の方々の知恵と力が結集出来ないとすれば、掲げる旗は降ろすのが正しいということであろう。

 夢を語れないところに未来を創造する力は生まれない、有志一同の胸の内にある熱い思いである。

「会の取り組むべきテーマ」とは

 佐伯地方のハンディとなってきた「僻地性の克服」(魅力に変える)であり、その「投資価値への転換」(投資を呼び込む)である。


「本匠振興組」とは

 オリンピックにおけるギリシャの立ち位置のようなものである。

 その取り組みの”点”となるべき位置付けが「本匠振興組」であり、”線”が「南海部に天空路を拓く会」であり、そこに盛り込まれるであろうコンテンツ(事業やプロジェクト)が”面”と言うことになろうか。


 発起人である我々本匠出身者にとって”点”無くしてはこの行動は起こせなかった。そこが常にエネルギーを与え続けてくれ思索を深めさせてくれる原点であったから。そして"線"なくしては地域の知恵と力を結集することは不可能だから、"面"なくしては世間の耳目を集め究極の目標を達成することは不可能だから。

NEWS
2024/02/23   自伐型林業フォーラム(南小国町)に出席「資料に整理
2024/02/21  資料室に「佐間ケ岳探訪」を追加(父祖の生活史の痕跡)。

2024/02/15  資料室に「シシ垣再生」を追加(父祖の生活史再考)

2024/02/11   SOGs75 #5「囲ケ岳及び聖岳洞穴探訪、資料アップ。

2024/02/08  佐伯地方の若者集団と懇親(活動紹介)。

2024/02/07  鶴見半島の「シシ垣」に市議を案内(保全と活用策)。

2024/02/02  本匠中学校生徒及び関係者へ講話実施。

2024/01/25   延岡北川に「自伐型林業」の現場見学。

2024/01/21   市民大学令和四教堂第七回講座参加(ワークショップ)。

2024/01/11   文化行政に関して市議と対話(活動紹介)。


2024/01/16  2023年分のNewsを誤って削除してしまった事を報告します(活動の一部は「資料室」に資料としても掲載済)。再掲につき検討中。


2023年中の公開News概要(削除したNewsの内容):

・佐伯市の自然及び史跡の探訪・踏査。

・佐伯史談会の方々との交流実施。

・佐伯市の行政関係者との交流実施。

・佐伯市の議会関係者との交流実施。

・佐伯市の生活文化を守る方々との交流実施。

2024/01/16  SOGs75 #4「聖岳人の怨念」を資料室にアップしました。

2024/01/15  「白魚漁」の漁師さんを訪問し現状について拝聴。 

Saiki Sky Trails 南海部に天空路を拓く

SOGs75(佐伯を想う爺さん達75歳まで頑張る)調査隊の記録

日本でも稀有な民俗遺産の黄金ルートを発見

次世代の子供たちに見せたいものがある

大分県佐伯市